ウガンダのちいさな学校 ニュートピア

ニュートピアって何?

ニュートピア通信

学園風景

ボランティアと支援金について

教えてウガンダ

リンク
こちらニュートピア
ボランティア先生奮戦記 ウガンダ編
ボランティア先生奮戦記 ケニア編
アフリカの旅
アフリカの旅
スラムの中の学校 ニュートピア
1月4日 まとめた企画
1日に見たフラミンゴ
1日に見たフラミンゴ
予定していたナクル湖に行かないことは、すでに数日前に決まっていた。カマウさん以外の賛同が得られなかったからだ。出発直前に見た雑誌『NationalGeographic』の特集で取り上げていたナクルのフラミンゴを見てみたい気持はあったが、小規模な群れながら1日にも見た。それほどの未練があるわけではない。結局、今日は街に出ることになった。カマウさんが購入する食材の調達を手伝うこととE-Mailの送受信が目的だ。帰国が早まったことを、まだ日本や家族に知らせていない。いきなり帰って驚かせてやろうかなんて思ったりもしたが、そんなことで楽しみにしている日本食を「食材がない」なんて言われて、食いっぱぐれることになったら大事だ。ここは正直に帰国を白状しよう。アフリカでの食事は手で食べることが多かったから、ただの箸ですら、たまらなく恋しい。

マーケットに食材の買い物に行った
マーケットに食材の買い物に行った

WEBサイト制作の協力を打診していたデザイナーの肥後ちゃんから快諾を伝える返信を受け取った。オレは本当にいい同僚に恵まれている。自分の仕事が忙しいにも関わらず「素材の写真、たくさん撮ってきてくださいねー」とメールをくれた肥後ちゃん、心底ありがたかった。この一報に、カマウさんもとても喜んでくれた。肥後ちゃんとは、これまでにも何度もコンビを組んで仕事をしているので、気心は知れている。やりやすい仕事だ。これでWEBサイトを作る上での心配事が一つ解決したことになる。帰国したら、肥後ちゃんにしっかりとした趣旨説明をしなくちゃいけないな。

サイカに帰りWEBサイトの構想をカマウさんと話し合った。ラフスケッチやフローチャートをノートに書き出しての説明。アフリカの旅先でサイトラフを描くことになろうとは夢にも思わなかった。カマウさんがPCに精通しておらず、インターネットはおろか電話線もないなど懸案事項は山積しているけど、いいサイトになればと思う。カマウさんの考え方やスラムのことなど、まだまだ何も知らない。昨日のカマウさんからの説明でも理解できない部分は多かった。オレ自身も多くを学べる、そんなサイトにしたいと思う。

前へ次へ
アフリカの旅INDEXへ


(C)Newtopia