ウガンダのちいさな学校 ニュートピア

ニュートピアって何?

ニュートピア通信

学園風景

ボランティアと支援金について

教えてウガンダ

リンク
こちらニュートピア
ボランティア先生奮戦記 ウガンダ編
ボランティア先生奮戦記 ケニア編
アフリカの旅
アフリカの旅
GOGOサファリ!!
12月18日 オレの好きな動物
朝起きると、マルチンが叫ぶ。指差す方を見ると象がいた。大きな象が木の葉や草を食べている。昨晩も寝る間際にテントサイトにやってきた巨大な岩というか、山のような象の迫力に圧倒されたが、それは暗がりだった。きょうは色や形はもちろん、目や鼻の動きまではっきりと見える。鼻を器用に使って草を摘み、口に運ぶ。暑さを耳で扇ぎ、リズムをとるかのように右足のかかとを動かす。4メートルの身長に4000キロの体重。これほど大きな生き物がいることに、ただただ驚くばかりだ。
テントサイトに現れた象
テントサイトに現れた象
遠くサバンナを見つめるチーター
遠くサバンナを見つめるチーター

今日は一日サファリ。オレたちは運がいいのか、ライオンや子連れのチーターなど、さまざまな動物を見ることができた。広いサバンナで暮らす彼らを見ていると、今、自分が行っている経済活動に、いったいどんな意味があるのかと考えてしまう。

それにしてもたくさんの動物たちを見た。オレが一番好きな動物はなんだろうか?悠然と歩くキリンかな?地平線を背にして進むキリンの群れが、どれほど美しいことか!最強の動物であるライオンの堂々としたたくましい肉体と、風になびくたてがみ、チーターのしなやかな体も優雅で魅力的だ。それでも、オレが一番好きなのは、なぜだかシマウマのような気がする。苗字の一部が似ていて、子供のころ、よくからかわれることがあった。名前に親近感でも感じているのかな。走る姿、仲間と集う姿、草を食む姿・・・どれをとっても見事で筆舌しがたい。



サバンナを走るシマウマ
サバンナを走るシマウマ

サバンナで昼寝がしたい。ヌーのように草原に身体を横たえたい。ハイエナのように岩陰で身体を伸ばしたい。でも、常に命に危険があるのは困るよな。

今日はマキちゃんの誕生日。昨日は高校時代からの友人マミちゃんの誕生日だった。見たことがないくらいたくさんきらめいているサバンナの星空に二人の幸せを願いましょー。

前へ次へ
アフリカの旅INDEXへ


(C)Newtopia