ウガンダのちいさな学校 ニュートピア

ニュートピアって何?

ニュートピア通信

学園風景

ボランティアと支援金について

教えてウガンダ

リンク
こちらニュートピア
ボランティア先生奮戦記 ウガンダ編
ボランティア先生奮戦記 ケニア編
こちらニュートピア

Dさんとの往復書簡
カマウさんとニュートピアに多額のご寄付をいただいたDさんとの往復書簡を掲載します。ニュートピアの現状や子どもたちの様子についても触れられているものです。
Dさんは久留米市出身の26歳。2月から5月中旬まで、主に子どもたちの体育指導を行われたボランティアの方です。教室の壁のひび割れ修理や芝植えも行ってくれました。

掲載されているすべての写真は、ボランティアとしてニュートピアを訪問した「たびかめさん」より提供いただきました。

たびかめさんのサイト:http://www.no-border.net/

親愛なるDさんへ。カマウより

ご無沙汰して申し訳ありません。
その後お元気でお過ごしですか?
ご両親もお元気でしょうか?

今現在は名古屋でお仕事を開始されていると思いますが、車の改造は上手くできましたか?

ニュートピアの子ども達は人数も寄宿生23名、通い27名、計50名に増えて、みんな元気でいます。今は7月18日にカンパラで行われる日本人祭りに招待され、日本語の歌を唄う練習に余念がありません。
日本人祭りでの発表に向けて練習練習♪
日本人祭りでの発表に向けて練習練習♪
披露するのは「森の熊さん」や「シアワセなら手を叩こう」です!
披露するのは「森の熊さん」や「シアワセなら手を叩こう」です!

ところで、トモさんから聞いたのですが彼女の口座に100万円もの大金がDさんから入金されているとのこと。これは、5月の職員旅行でトモさんがブニョニ湖で死に掛かった慰謝料ですか?

それとも、図図しい推測ですがもしかして、ニュートピアの子ども達への支援金のおつもりでしょうか?仮定の上ですが、もしそうであるならば少々こちらの気持ちを聞いてくださいませんか?

5月16日にDさんがニュートピアを去り、その後の数週間Dさんが抜けたあと、心に大きな空白感を感じたのは私一人ではなかったと思います。言うまでもなく、子ども達のDさんを慕う気持ちの大きかったこと。それは取りも直さずDさんの子ども達の成長を願う深い愛情を彼らが素直に感じていたからだと思います。

Dさんが子ども達の幸せを真剣に考えてくれていたのと同様に、我々も全員がDさんの日本での幸せな生活を願っていることは、言うまでもありません。

失礼な言い方になるかもしれませんが、我々としてはDさんは今アフリカで得た力を最大限に発揮し新たな事業に挑戦していかれる大事な時期にあると思っています。当然資金がいくらあっても足りないことでしょう。

どうかまずご自分の新事業を軌道にのせることに全力集中してください。そうしてその後、何年でも待ちます、名古屋一、愛知一のイカ焼き(?)を成功させてください。

そして、望むらくは新妻を連れて(ついでに子どもも?)ウガンダを再訪して欲しいのです。何年後かの子ども達の成長した姿をぜひ見てやってください。

Dさんの子ども達に対する暖かい気持ちは十二分に頂きました。今回は1割だけ生活環境改善に使わせて頂きます。どうぞ後の9割は、Dさんが新事業に成功した暁に持参してください。これは子ども達全員同じ気持ちです。この通りにご理解ください、お願いします!

次回訪問時は、キッコーマンの醤油忘れずに!!サンジェのマーケットで思いっきりフライドフィッシュを買って、ニュートピアの冷蔵庫(何処にある?)で、ギンギンに冷えたセネタ(安い地元ビール)を一緒に楽しみましょう。


7月7日 Dより

こちらこそご無沙汰しています。私、家族も元気です。今は市場にヘルプとして一ヵ月通い始めたとこです。
お勉強お勉強!
お勉強お勉強!

車は外装ができあと内装だけです。営業で一番大事な場所が極まっていません。これからが大変です!

お金なんですが心配ご無用です。私D 100万で潰れる男ではありません。

日本をぬるま湯みたいなものと考えて見てください。私はスパイスを入れた方が合ってそうです。スパイスを入れることにより考えますし、ケツに火がついてちょうどいいです。

まぁそんな考えもありますが、ウガンダで別れるときの涙です。『にいちゃんにまかせとけ!できる限り応援しちゃるき!』あの涙は忘れません。思いを形にです。 今、できる限りが100万でした。

日本人としてウガンダで一肌も二肌も脱がれているカマウさんを見て、私も脱がない訳にはいかないでしょう。一肌脱がさせてもらいます!
走り高跳びは得意中の得意!
走り高跳びは得意中の得意!

こんな言葉もありますし。『己を犠牲にするのは慈悲の極みである』 犠牲とまではいかないでけど(笑)!使い道は任せます。子供達だけに限らず体の為にも使ってください。ミーティング酒代としても!

あとトモさんに送るっていっていた伝達ノートかなり難しいです。教えたこと書くのは簡単なんですが、なぜそういう教育なのかとか伝えなくてはいけないと思うと、筆が進まず悪戦苦闘です。頭の中では言葉がどんどんでてくるんですがいざ文章にしようとすると、ピタッと止みます。ここでカマウさんに言っておきます。私は頭が悪いんで適当に書いて送ります!こうでもしないと書けないです。

トモさんの慰謝料はセネタ三本位でお願いしまーす。最後の方に聞き慣れない『ニュートピアの冷蔵庫でギンギンに冷えた』ま、ま、ま、まさか!?

事業に成功したら一桁増えた金額(言いすぎ?)を持参しますよ(ちょっと無理かな?)!そろそろエンジンかけていきまーす


7月22日。カマウより

Dさんの真心がダイレクトに伝わる返信拝読しました。まったく恐れ入ります!改めて、あまりの大金ですが、子ども達の為にと言うDさんのご厚志をありがたく頂戴いたします!!使い道は、みんなで慎重に検討して近日中にお知らせします。本当に有難うございました。
日本人祭りの当日。最後の練習です!
日本人祭りの当日。最後の練習です!

先月のマラリア、医者にも行かず自分で薬を飲み、治したのがいけなかったのか、3週間後にまた出てきました。それもカンパラ行きの3日前に。今回は40℃を超え、すぐに治したかったのでカクト・ヘルスセンターに駆け込みました。幸い医者も居て、血液検査も出来る状態であったので、入院し治療を受けることが出来ました。

さて、7月18日ウガンダ・日本文化交流祭りにひょんなことで招待され、たまたま旅行者ボランティアのヤスさんが何とか指導を引き受けてくれたので、ニュートピア合唱団が16名で急遽結成されました。元より、ドレミも知らない、音符も読めない子達の指導を発声訓練からにしても並大抵ではありませんでした。その上、日本語で”大きなうた”・”森のクマさんW・”幸せなら手をたたこう”。そして、AIDS孤児の歌”SO I WISH”の4曲を振り付けをつけてなので子ども達の頭は混乱しっぱなしでした。しかも、日にちは3週間しかありません。朝、5時半の体操の後30分、昼前の2時限、放課後30分、そして夕食後2時間、の猛特訓でした。2週間も経つ頃には信じられない位上達し、カンパラ往復・宿泊、ユニフォームの手配等スッタモンダしましたが、何とか格好はつけました。

当日、主催者(JICA)のズサンな運営に右往左往されましたが、緊張で少々アガリぎみでしたが、何とか大役をこなすことが出来ました。夜はゲストハウス他3箇所の知人宅に分泊し久々に朝7時まで、ゆっくり眠ることが出来ました。翌日はほとんどの子が、カンパラは初めてだったので市内の公園や近代的なショッピングモールで、エスカレーターに恐々乗ったりして半日楽しんでから学校へ帰りました。
日本人祭りのメインイベント!ニュートピアの子どもたちによるお歌披露は大成功!
日本人祭りのメインイベント!ニュートピアの子どもたちによるお歌披露は大成功!

前へ次へ
こちらニュートピアINDEXへ


(C)Newtopia