ウガンダのちいさな学校 ニュートピア

ニュートピアって何?

ニュートピア通信

学園風景

ボランティアと支援金について

教えてウガンダ

リンク
こちらニュートピア
ボランティア先生奮戦記 ウガンダ編
ボランティア先生奮戦記 ケニア編
こちらニュートピア

「明治維新 イン KENIA」 〈2003年 1月18日〉
この記事は2003年1月にカマウさんが書かれたものです。
あたかも暗黒の世のベールを取りのぞいたかのように明けた2003年です。

昨年12月27日に行われた総選挙の結果、独立以来39年間ほとんど専制政治を布いてきたKANU党が大敗し、レインボー国民連合(NARC・ナック)党が新政権を樹立しました。

1963年に英国の植民地支配から独立を勝ち取った際の中心人物であったジョモ・ケニヤッタ初代大統領の死去の後をついだ、二代目モイ大統領(78)。 その24年間の在任中、初代ほどではないにせよしばしばその政敵を追放・暗殺し、国政を私物化、外国からの援助金を着服するなどしケニアを世界六番目の腐敗国にランクせしめた、‘おモイつき’政治家であった。

今回、第三代大統領に就任したキバキ氏(71)は、かつてモイ政権で副大統領、大蔵大臣等を務めたベテラン政治家。10年前と5年前の選挙で野党党首として大統領選に出馬したが野党が分立し辛くも敗退。今回の選挙では事前に引退を表明していたモイが指名した大統領候補(初代大統領の息子・41)に反発する与党の大物政治家たちがこぞって離反し自民党を結成、すぐにキバキ氏率いる最大野党・民主党と‘薩長連合’を組むのに成功。汚職、経済・治安の悪化、貧困の増大に大多数の国民が‘変化’を求め、投票日数週間前からキバキ優勢が伝えられていた。

残念ながら多くの場合アフリカの選挙には不正・暴力はつきもので、ケニアでも過去2回の選挙で千数百人の死者、十万余の被害者がでている。

去年3月にはナイロビ市東部の貧困層住宅地で三百人の‘ムンギキ’と呼ばれるキクユ人復古主義者グループがその敵視するルオー人に手当たり次第に牛刀などで襲いかかり首をはねたりし、20人をこえる死者をだすという忌まわしい事件があった。この時も警察は事前に襲撃を察知していたが黙視し、翌日十数人を逮捕したものの程なく釈放。

11月頃から投票日が近づくにつれ、劣勢を挽回するためにモイは何をするかわからい、買収のために大量の偽札を印刷している等の噂が飛びかい、社会は戦戦兢兢たる雰囲気になり食糧を買い溜めしたりする人も多くいました。……結果はヨーロッパ諸国からの選挙監視団も賛嘆するほぼ公正な選挙に終わりましたが。

事前の世論調査の予測どおりNARC党が60%の投票・議席を得、KANU党はその半数に止まりました。国民の圧倒的なナック党への支持を前にモイ前政権も如何ともしがたかったのでしょう。

あたかも革命を成就させたような大歓喜の中、年が明けて1月6日に新内閣が発足しました。驚いたことに早くもその翌日には、選挙期間中の公約でもあった 

1.小学校の無償・義務教育化
1月6日に新年度が始まり、それまで学校に行けなかった多くの子供たちが殺到。たちまち定員の2〜3倍に児童数が膨らみ、先生・教室の数が不足。

2.無償医療を即日実施する旨が発表されました。
病気が治っても治療費が払えず退院させてもらえなかった人々、料金が払えず死体安置所から身内の遺体を何日も引き取れなかった人々が狂喜したのはもちろんのこと、ほとんどの国民が新世紀の到来を思いました。が、現場では大混乱。もちろんこれらの新政策を裏付ける予算の審議もまだ。たとえ政権が圧制から善政に変わっても、PLANが苦手なこの国の人々の資質は変わらない。(アフリカの人々は昨日・明日を考えず、今日だけを生きている−とよくいわれます。)…ということのようです。

もう一つの刮目すべき公約は

3.汚職・不正行為の一掃!
−これもほとんどKENYAの国民性といっていい程にしみついたもの。 選挙勝利の昂奮のなか一時的に前政権の不正を暴いたとしても多かれ少なかれ新政権も腐敗していくのは自明の理と思われます。

この1週間あっちこっちで、今まで当たり前のように通行人や運行中のミニバスの運転手から小銭を巻き上げていた警官たちが、呪縛から解き放たれ人が変わったような一般市民から反撃を受け訴えられています。 もう街を歩いていて、ポリスの姿をみても道を避ける必要はないようです。 私も20年間ケニヤの悪政の被害者の一人でしたが、これからは新政府の善政の恩恵に浴せるのでしょうか?

とりあえずは私の学校の小学部を閉じることができたのですが。それと、先週またぞろムンギキが上からの指示を受け一般民家を手当たり次第に襲撃、KANU党に投票しなかったからといって30数人を殺害する事件がありました。こんどばかりは警察がケニヤ全土でムンギキの一斉検挙に乗り出しました。(全国に40万人のメンバーがいるといわれ、その背後の黒幕まではとても手が出せないでしょうが)もしかしたら、ムンギキの巣窟である我がスラムも平和になって近日中に学校へ武器を持って出勤しなくてよくなるかもしれません。

前へ次へ
こちらニュートピアINDEXへ


(C)Newtopia