日が暮れかかったスラム街での一コマ。スラム街を歩くと、外国人が珍しいと50人くらいの子どもたちが着いてきました。(たいちょー:2003年)